2021年 09月 27日 (月)

中野塾(泉中央教室)

塾からのおしらせ

中野塾   6月の予定

 新緑がまぶしい季節となりました。暑い日が続いたかと思うと、肌寒い日が戻って来たりして、体調の管理が難しい日々です。皆様、いかがお過ごしでしょうか?
 生徒たちの様子も、新しい学校・学年に慣れてきたように見えます。あとは、多くはこの6月に行われる中間テストの勉強へとかかっていくものと思います。早めの準備がいい結果を必ずもたらします。特に、中学生には5科目すべての補習テキストを順次お渡しております。それをうまく活用してテストに備えていってください。

■1・・・授業日・休講日などの確認   (対象:全塾生)

5月 29日(金)・30日(土) 5週目でお休みです(※1)
6月 21日(日) 自習室を開放します(※2)
29日(月)・30日(火) 5週目でお休みです

(※1)5週目でお休みですが、5月中に「野外活動」「修学旅行」などで授業が休みになった生徒たちの振替を、この時期を使って行うことを予定している場合があります。ご注意ください。
(※2)各学校の中間試験が近いので泉中央教室を自習室として開放いたします。午前10時より夕方5時まで、「中野塾」の生徒なら誰でも勉強しに来てかまいません。もっと練習したい部分があれば、置いてあるテキストからコピーして練習することもできます。ぜひ利用してください。

■2・・・学力の背景にあるもの

 新しい生徒が入ってきて、2.3ヶ月たつと、だんだんその生徒の背景が見えてきます。最初は「なんでこんな状態になってしまったのか」と、驚くことがありますが、毎週毎週顔を合わせ、教えながらその様子を見ていると、「なるほど、そういうことか」と、気付くことがいくつかあります。
 それは、勉強も含めた物事に対する姿勢であったり、学校や家庭の中での立場や人間関係であったりします。学力の伸びが停滞している時、そこにはいろいろな理由が考えられると思います。しかし、それを本人たちの努力のせい、勉強のやり方のせいだけにしてしまうと、根本的な解決にはならないことが多いようです。さらに、そのような状態が続くと学習に対する意欲を失い、「どうせやっても・・」という気持ちが、勉強以外の面にも影響してきてしまいます。

 私が東京で塾をやっていた当時、こういう生徒がいました。
彼は中学校の時にはある程度の成績はとっていたので、それなりの公立の進学高に入りました。もともと数学はあまり得意ではないのはわかっていましたが、他の教科もだんだん落ちていきました。高2の終わり頃には親から相談されました。それは彼が「学校をやめて蕎麦屋に住み込みで働く」と言っているというのです。私はいろいろ話を聞いた上で次のようなことをお話ししました。「できれば学校は辞めない方がいい。そういう時期はあってもいいし、そのうち戻ってくるでしょう」と。その後、本人に会い外見上それほど落ち込んでないのを見て、逆に高校に行かないで大学に行く方法など、参考になる本を紹介したような記憶があります。
 その後、人づてに彼が高校を卒業したこと、早稲田に入ったことを聞きました。つい先日その彼に会う機会があったのですが、今は友人と会社をやっているということでした。その頃のことを自分から話し、「あの頃は辛かった。迷走していました。」と言って笑っていました。

いろいろな理由で学力の伸びが停滞してしまうことがあります。それをひとつひとつ解決する手伝いをしていくのが私たちの役割だと思っています。しかし、根本的には本人の学習意欲の問題があります。「何で勉強するの?」この根本的な問いに本気で悩み、今の自分の不甲斐なさに将来が見えなくなってしまった子どもたちに対して、気の利いた答えはありません。ただ言えることは、考え続けること、勉強し続けることでしょう。何かをきっかけに、ふっと抜け出せることはよくあります。また、大人になってから、その問いに納得できる答えを見つけられる時が来るかもしれません。

目の前の生徒ひとりひとりの状態を常に考えながら、その課題を解決していく方法を、これからもアドバイスしていければいいと思っております。

中野塾・中野正久

▲このページのトップHOME

  • 電話:022-773-8204
  • 受付:15:00〜22:00

教室一覧

◆泉中央教室
仙台市泉区泉中央1-9-4 レジュイール泉202号

更新情報


塾長限定ページ