2021年 09月 27日 (月)

中野塾(泉中央教室)

塾からのおしらせ

中野塾   5月の予定

 あちこちで花が咲く季節がやってきました。寒さもひと段落して、今年も春を実感できる季節が巡ってきたなと思います。そういう日には、公園や庭先に咲いている花を見ながら散歩するのもいいですね。
 4月の半ばを過ぎて、一部を除いて時間割がほぼ確定してきました。
 これからも新たな気持ちで臨んでいきましょう。

■1・・・授業日・休講日などの確認   (対象:全塾生)

4月 29日(金・祝)・30日(土)5週目でお休みです
3日(火・祝)〜5日(木・祝)祝日ですが通常授業を行います
4月 29日(日)・30日(月)・31日(火) 5週目で休みです

・ゴールデンウィーク期間に、ご家庭の事情等であらかじめ休まれることが分かっている場合は、お早めにご連絡ください、振替授業を設定いたします。
・修学旅行・野活などの季節です。休まれる生徒も早めに連絡してください。


■2・・・「自ら立てる力」を育てる

 現在、中学生の生徒たちには教科書に沿った5教科の練習用テキストを渡しております。主に通常授業で使う英語と数学のテキスト以外の、理科・社会・国語のテキストには解答付きで渡しております。これはまず自分で定期試験の対策をしてほしいという考えからです。
 つまり、次の定期テストで予想される試験範囲の内容の確認を事前に行い、今回はこの科目のこの部分が危ないと、自らで自分の課題を見つけてほしいからです。中学生の何人かは、まだ、自分ですすんで勉強をしたり自分で点を取っていくという「当事者意識」が欠けている生徒がいます。「勉強は教えてもらうもの」「自分では何もできない」という意識が強く、口をただ開けていれば誰かがその中に栄養を入れてくれる、と思っているようです。

 もともと10代の前半の子どもたちは「大人になっていく過程」のスタート段階です。育ててもらう段階から、自立していく段階に入っていく重要な時期です。周りの人たちも「与え続ける」だけでなく、「自ら立てる力」を育てていく機会を、あらゆる面でサポートしていく必要があると思います。その中で重要と思われることは「自らの課題の発見」だと思います。
 そういう面では「定期試験にむけての勉強」は1つのいい機会になるでしょう。保護者の方々も、試験結果の点数に一喜一憂せずに、その子にとっての「課題は何か」をを気づかせ、「どうすればいいか」を考えさせる、前向きの姿勢で接してほしいと思います。
 特に理科や社会は試験範囲がはっきりしておりますので、学校から出ている問題集とあわせて確認すると、出やすい問題が見えてきます。もちろん分からないところは一言でも言ってもらうと、「そうか、こういうところで止まるのだ」ということもわかり、こちらとしても、本人理解にとても役に立ちますので、ぜひそうさせてください。


 また、4月からは、今年度の「中3ゼミ」を始めており、全員いい滑り出しで推移しております。これは中学3年間・5教科の内容を、中1に習ったことから始めて、それをテストで確認していくゼミです。テストの結果が、それぞれ誰だか分からない形でグラフに表し、他の生徒と自分の様子を比較できます。最近では志望校のラインも目標として加えて、このテストで合計どれくらいの点を目指せばいいかを見ながら、毎週、勉強してきてもらいます。

 中3のこの時期は、部活もいよいよ最終段階に入り、いろいろと忙しいでしょうが、「受験勉強をしなければならない」という不安な気持ちが増し、かといって「何をやればいいかわからない」という状態だと思います。そこでこの「中3ゼミ」を毎週の課題としてこなしていくことが、1つの安心材料として役に立つと思います。また受験勉強の準備として、日常生活の中に「自分のための勉強」を組み入れていくことにより、「勉強の習慣」を身に付けさせるという点でもプラスになると思います。

 さて、それでは「受験勉強」とは、何をやっていかなければいけないか、何に気をつけて進めていくべきかについて、具体的には今年の宮城県の公立高校の入試問題の例を挙げながら、次回のときにお話ししようと思います。

中野塾・中野正久

▲このページのトップHOME

  • 電話:022-773-8204
  • 受付:15:00〜22:00

教室一覧

◆泉中央教室
仙台市泉区泉中央1-9-4 レジュイール泉202号

更新情報


塾長限定ページ