2021年 09月 20日 (月)

中野塾(泉中央教室)

塾からのおしらせ

中野塾   11月の予定

 すっかり秋めいてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。 11月は定期試験の月です。さらに大学受験生の最後の模試、12月初めには高校受験生の「新みやぎ模試」などが続けてやってきます。そしていよいよ受験生たちは受験校を具体的に決めていかなければいけない時期になってきました。
 特に中3生は学校での「三者面談」で受験校を決定していく時期になります。そこで、中3生に悔いのない受験校選びをしてもらうためと、受験までを有意義に過ごしてもらうために中3生の保護者面談を、時期を早めて11月半ば頃から始めたいと思います。その時に、最近行った「新みやぎ模試」の結果があればそれと、最近の本人の様子を確認しながら、受験予定校の相談をいたしたいと思います。詳しいことは別紙にて後ほどご連絡いたします。

■1・・・授業日・休講日などの確認   (対象:全塾生)

10月 29日(土)・30日(日)・31日(月)5週目で休みです
11月 3日(木)・23日(水)祝日ですが通常授業を行います
6日(日)・13日(日)※ 自習エリアを開放します
29日(火)30日(水)5週目で休みです
12月 4日(日)新みやぎ模試(中3生の希望者)

※ 中学校の定期試験が近いので午後 1:00〜 6:00の時間帯で泉中央教室の自習エリアを開放し、6日・13日にTwo Sundays(試験直前無料ゼミ)を行います。今回は、Two Sundaysを充実させ、より試験勉強をやりやすいように準備いたします。今までは中野の通常授業・振替授業などと重なってしまい、私としては納得できる指導をしにくいこともありましたが、今回はそういう授業を時間内には入れず、一人ひとりに対応できる体制を整えることにいたしました。また、小学生・高校生に対しても、勉強するテ−マを決めてもらえれば、それに沿ったプリントを作りますので申し出てください。保護者の方々も、子どもたちの自主的な勉強をあと押しするために、このような機会をうまく利用して、送り出していただけると嬉しいです。


■2・・・中3後期の「勉強の注意点」

 いよいよ受験生は、志望校を見据えた、本格的な「受験勉強」に取り組まなければいけない時期になりました。特に高校受験生は、初めての経験ということもあって、このままでいいのか不安になってきている頃でしょう。高校に提出する内申点(評定)もほぼ決定してきた今の状況で、これからやれることは、3年間で習ったことを踏まえた真の実力を付けるためひたすら練習することです。そして、さらに現実の入試はペーパーテストなのでそこでできるだけいい点を取るための準備をすることです。しかしここで大きな落とし穴があることに気づいていなければなりません。
 それは、「勉強の本筋」つまり「何故そうなるかを理解していくこと」を省略して、表面だけの知識を詰め込む勉強をしていると、入学試験の時は無事合格するかもしれませんが、入学後だんだんと高校の勉強についていけなくなってしまうことがある、ということです。つまり、これからの勉強方法は高校の勉強につながっていくことを意識したものでなければいけないと思います。
 それではどうしたらいいでしょう。まず第1に言えることは、数学の勉強に対する意識の改善です。中3の前半は数の計算・式の変形などが中心で、練習量があればなんとかなりましたが、後半は二次方程式・二次関数・相似・円・三平方と、考えながら進まないといけない単元が続きます。そしてこれが高校数学の入口になります。数学は高校になると格段にレベルが上がり、高校の勉強が分からなくなる原因のひとつに、まず数学が挙げられます。そうならないために、「数学は計算ではなく考え方を勉強する科目だ」という意識が大切です。
 次に、社会・理科の記述問題に対する取り組みが必要です。宮城県の公立高校の入試には、記述問題が比較的多く出題されます。それは例えば、社会ならば表やグラフのどのデータから判断するか、理科ならその実験結果から何が言えるか、が問われます。つまり、たとえ内容的に知識としては正解かもしれませんが、問題として提出されたデータや結果から判断できないならその答えは不正解になります。聞かれたことは何か?それに対する筋道の通った説明をその条件の中で表現できるかが問題になります。これも、それを踏まえた上の練習が必要となります。
 さらに「相手を知る」ことが大事です。それが「宮城県の公立高校の入試問題」ならそれを必ず解いておくことです。それによってまず言えることは、他の都道府県の入試問題に比べて、難しい問題の割合が比較的少ないことです。つまり、方針としては「難しい問題が解けなければ合格点に達しない」のではなく、「標準的な問題を正確に、しかもたくさんとっていかなければ合格点に達しない」ということになります。すなわち、不注意なミスをできるだけ減らすことが必要になってきます。

中野塾・中野正久

▲このページのトップHOME

  • 電話:022-773-8204
  • 受付:15:00〜22:00

教室一覧

◆泉中央教室
仙台市泉区泉中央1-9-4 レジュイール泉202号

更新情報


塾長限定ページ