2019年 05月 23日 (木)

中野塾(泉中央教室)

塾からのおしらせ

2019年度: 4月の予定5月の予定

中野塾   4月の予定

 気がつくと梅の花が満開になっていました。桜の蕾みもふくらんでいます。いよいよ春本番ですね。
 入試の季節も終わり、新しい学校・新しい学年に気持ちを新たにして、さらにがんばっていきましょう。
 中野塾も新しい塾生を迎えて、これからもよりよい学習指導とは何かを追求しながら進んでまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

■1・・・授業日・休講日などの確認   (対象:全塾生)

4月 1日(月)~ 28日(日)通常授業を行います
29日(月・祝)・30日(火・休)5週目で休みです
5月 1日(水)~6日(月)祝・休日ですが通常授業を行います。

・3月は授業の時間割の変更を行うこともあります。これに伴い通常授業は変則的になる場合がありますので、授業時間の変更にお気をつけ下さい。
・春休み期間を利用して「春期講習」を行います。それぞれの生徒に合った内容で行いたいと思います。詳しくは別紙でご案内いたします。
・3月29日(金)・30日(土)・31日(日)は5週目で通常授業は休みですが、「春期講習」は予定されているので、自習エリアは使えます。


■2・・・今年の宮城県の公立高校入試の特徴

 今年の受験シーズンも終わりました。中野塾の大学受験生・高校受験生たちもみんなよく頑張ってくれました。希望通りの学校に合格できた生徒は本当によかったです。おめでとうございます。残念ながらあと一歩で第一希望の学校に合格できなかった生徒もいます。最後までより高みを目指して頑張ってくれたので私も信じていました。予想が崩れたとき、しばらくは反省の気持ちでいっぱいになります。私もそうです。でもお互いに気を取り直して頑張って行きましょう。特にこの受験で頑張ったことは必ず今後の実力となっているはずですし、それぞれ自分の力の可能性はまだまだと感じることができたはずです。次の受験まで、この気持ちを忘れないでください。中野塾もこれからも寄り添っていくつもりです。
 今年の宮城県の公立高校入試は、最後の「後期選抜試験」として3月の初めに行われました。来年からは、前期・後期というものはなくなり、この3月の初めの時期に1回の試験となります。つまり、2月に私立高校の受験をして行くところをひとまず決めておき、そのあと公立の受験となるスケジュールです。その間が1か月ほどあり、そこでの過ごし方の一つのポイントになると思います。

 さて今回の県立高校の入試問題ですが、大学の入試改革が話題に上っている中で言われている流れに沿った問題が出てきているようです。それは「脱暗記」という方針のもとに言われている、思考力・判断力・表現力を付けることです。そしてさらに具体的には例えば、文章量の多い中での思考力の問題、複数の資料の中での判断する問題、そのうえでさらに目的に沿った記述問題、などが考えられます。今回のテストも、主に理科・社会についてその傾向がみられました。
 例えば社会の第一問は現代の中国とインドの問題でした。その中で、中国の一人っ子政策は有名ですが、その後の現代の中国の社会はどんなことが起きているかを考えさせる問題です。それを予想させる資料やグラフが並び、記述問題になります。つまり教科書に「一人っ子政策」は載っていますが、その後の現代中国のことが書いてあるわけではありません。しかしそこで示された資料とか、新聞やネットで得た知識がいわば教養となって、「たぶんこういうことだろう」ということが予想され、正しい判断に行きつきます。
 もう一つ、理科の第四問です。何種類かの地面にいる小動物のリストが示され、それについて問う問題です。知らない名前の虫がたくさん出てきますがそれは問題に影響しません。問題はその4番の問題です。「自然環境の変化の影響を受けやすい」小動物のグループを聞きますが、それは調査の結果の表のある点に気づけばわかる問題です。そしてそのことは初めて聞く話です。しかし次の問題はその指摘されたことを知ったうえで出されます。つまり今知った新しい知識を使っての問題です。ここでその場の判断力がためされます。
 宮城県の問題は相変わらず「基礎重視」の問題です。基本問題が半分以上あります。そこではまず基礎をしっかり押さえ、覚えるべきことはきちんと覚える、ことが重要になってきます。

 さて新年度にあたり、新中3生も高校受験に向けて新しいスタートを切ります。公立高校を目指しているなら、ぜひ4月から「中3土曜ゼミ」に参加してほしいと思っています。概要は別紙に案内しておりますが、これは特に宮城県の公立入試の基礎重視の特徴を意識して、何年も続けている「中野塾のゼミ」のひとつの形です。
 中3生になりたての生徒にとって「受験勉強はどうやればいいのか」というのが1つの悩みだと思います。もちろん今やっている学校の勉強に集中することがまず大事ですが、それとともに1・2年の復習を無理なくスタートし、受験レベルまでだんだんと引き上げていくことが、長い受験勉強を乗り越えていく上で大切になってきます。そのためにもこの「中3土曜ゼミ」が有効だと思います。特に1・2年に「習ったはずの」理科・社会をもう1度思い出し、そのときのいろいろな事情で抜けてしまっていた部分の補強をし、本格的に始まる受験勉強に備えていくためにもそのような練習が必要だと思います。
 新中3生の皆さん、初めは部活との両立が厳しいですけど、頑張っていきましょう。

中野塾・中野正久

▲このページのトップHOME

  • 電話:022-773-8204
  • 受付:15:00〜22:00

教室一覧

◆泉中央教室
仙台市泉区泉中央1-9-4 レジュイール泉202号

更新情報


塾長限定ページ