2020年 07月 13日 (月)

中野塾(泉中央教室)

塾からのおしらせ

中野塾   1月の予定

2007年もいよいよ終わりになります。今年も本当にお世話になりました。受験生たちは来年に対する期待と不安の入り混じった気持ちで揺れていることと思います。でも、今悩んでいても仕方ありません。受験日は必ずやって来ます。今できることを、きちんと毎日続けることです。その日に備えて。

■1・・・授業日・休講日などの確認   (対象:全塾生)

1月1日(火)・2日(水)・3日(木)正月休みとします
4日(金)〜 31日(木)通常授業を行います(※▼)
14日(月・祝)祝日ですが、通常授業を行います

(※▼)1月4日(金)から1月の通常授業を開始いたします。特別に時間割変更の連絡を受けていない生徒は、これまでどおりの時間で来てください。 なお、これにともなって、1月は5週目の休みはありません。

■2・・・「新みやぎ模試」のお知らせ   (対象:中学生)

中学生を対象に下記のように「新みやぎ模試」を行います。

中1・2生1月13日(日)9:00〜13:10中野塾泉中央教室
中3生1月6日(日)8:25〜13:10各会場

※全学年とも昼食は必要ありません。中1、中2生は普段授業に来るときと同じように泉中央中央教室にお越しください。中3生は、後ほど配布する受験票を忘れずにお持ちください。服装は、制服・私服でも構いませんが、体温調節が可能な服装が望ましいです。

この模試は全学年5教科受験で、志望校の合格可能性判定も出ます。特に中3生は、私立高校受験前の、実際の受験の雰囲気を感じることのできる大切な模試です。できるだけの準備をして臨んでください。なお、それぞれの受験日が無理な場合はご連絡ください。別の日時を設定してそれぞれ行います。

■3・・・受験校の選択について

現在、それぞれの保護者の方おひとりおひとりと、1時間の枠内ですが、お話を順次させていただいています。特に中3生は高校入試の志望校の決定は少し前から行われておりますので、11月下旬から何人かの保護者の方とは面談を行い、様々なお話をさせていただきました。それぞれの生徒はそれぞれの過程を経ながら今に至り、今まさに入試の直前にいます。ひとりひとりのこれまでの経過を知っている私にとっては、最後の2ヶ月はあれこれと悩まず、ただシンプルに「この学校に入りたい」と思いながら日々の勉強をこなし、できるだけいい形で入試の日を迎えてほしいと心から思っています。

ご相談の内容はさまざまです。志望校をどうするかという話が軸になることはもちろんですが、親と子の思いのすれ違いや、日頃の不満からついケンカになってしまった話など、いろいろです。それもみな、「受験」というプレッシャーからくる余裕のなさと、いろいろな情報の「深読み」「拡大解釈」による必要以上の不安感の増大に、お互いまきこまれているように見えます。でも、一番大切なのは、その本人が今希望を持って、自分の勉強続けていけるかどうかだと思います。それが合格への努力を支えるエネルギーの源だと思います。受験の不安から、不本意ながら受験校を「下げる」こと、本人も無理だと思える高校に「挑戦」すること、どちらも勉強に真剣さが欠けてしまいます。彼らは今貴重な経験をしているところです。それぞれが真剣に自分と向き合い、いかに自分をコントロールしていけるか試されているところです。一方では自分の今の状況を客観的に判断できているかも問われます。いわば「人生の訓練」を初めてしているところだと思います。ここに来てこの「試練」をきちんと受けとめどう乗り切るかは、彼らにとって「合格」以上の「財産」を得られる可能性があります。 来春必ず受験日が来るという事実を、真剣に正面から受けとめできるだけのことをしてください。

「この学校へ行きたい」と思えること、「あともう少しで合格圏内に入れる」または「入った」という客観的な判断があることが、志望校決定の必要な条件です。しかし、推薦ですでに高校を決めたり、志望校を「下げたり」することは当然あります。それぞれの生徒にはそれぞれの事情があります。たんにに偏差値での機械的な振り分けではなく、また自分の今の状態とこの先その高校に入ってからの様子を想像しながら、最終的な受験校を決めてほしいと思っています。 2008年もどうぞよろしくお願いいたします。

中野塾・中野正久

▲このページのトップHOME

  • 電話:022-773-8204
  • 受付:15:00〜22:00

教室一覧

◆泉中央教室
仙台市泉区泉中央1-9-4 レジュイール泉202号

更新情報


塾長限定ページ