2020年 07月 02日 (木)

中野塾(泉中央教室)

塾からのおしらせ

中野塾   11月の予定

 すっかり秋めいてきました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
 11月は定期試験の月です。さらに大学受験生の最後の模試、12月初めには高校受験生の「新みやぎ模試」などが続けてやってきます。そしていよいよ受験生たちは受験校を具体的に決めていかなければいけない時期になってきました。
 特に中3生は学校での「三者面談」で受験校を決定していく時期になります。そこで、中3生に悔いのない受験校選びをしてもらうためと、受験までを有意義に過ごしてもらうために中3生の保護者面談を、時期を早めて11月下旬から行いたいと思います。その時に、10月の始めに行った「新みやぎ模試」の結果と最近の様子を見ながら、受験予定校の相談をいたしたいと思います。詳しいことは別紙にて後ほどご連絡いたします。

■1・・・授業日・休講日などの確認   (対象:全塾生)

10月 29日(木)・30日(金)・31日(土)5週目で休みです
11月 3日(火)・23日(月)祝日・休日ですが通常授業を行います
1日(日)・8日(日)自習エリアを開放します(※)
29日(日)30日(月)5週目で休みです
12月 6日(日)新みやぎ模試(中3生の希望者)

(※)学校の定期試験が近いので 1:00〜 7:00の時間帯で泉中央教室の自習エリアを開放いたします。練習したいところがあれば言ってください。いろいろあるテキストの中から選んでプリントいたします。特になくても、テスト勉強や受験勉強に活用してください。


■2・・・「自分の勉強」を創り出す

 いよいよ受験生は、志望校を見据えた、本格的な「受験勉強」に取り組まなければいけない時期になってきました。特に高校受験生は、初めての経験ということもあって、このままでいいのか不安になってきている頃でしょう。高校に提出する内申点(評定)もほぼ決定してきた今の状況で、これからやれることは、3年間で習ったことを踏まえた実力をひたすら練習することです。そしてさらに現実の入試はペーパーテストなので、そこでできるだけいい点を取ることです。しかしここで大きな落とし穴があることに気づいていなければなりません。 それは、「勉強の本筋」つまり「何故そうなるかを理解していくこと」を省略して、表面だけの知識に頼って勉強していると、入学試験の時は無事合格するかもしれませんが、入学後だんだんと高校の勉強についていけなくなってしまうことがある、ということです。

 「中学のときはあれほどできていたのに、高校になってからはさっぱりだね」と言われたりして、「中野塾」に入塾する生徒が時々います。その原因の1つが、中学と高校の勉強内容のレベル差についていけなかったことが考えられます。そして何故ついていけなかったかは、受験勉強のときの勉強方法に問題があったのではないかと思います。
 「よく分からないけど、結果をひとまず覚えてしまえ」という形の連続で「点を取れる実力」を付けてきたのではないでしょうか。しっかり分からなくても「ひとまず保留」と思いながら先に進むことは、ある面では大事なことだと思います。でも、もっと大切なことは「保留」を心の中に持ちながら考え続けることでしょう。そしてその考え続ける習慣を身に付けていくことだと思います。
 その「考える習慣」は、高校の勉強において、次のような点で具体的に発揮されると思います。例えば、数学で言えば、問題の解き方が分からないときは解答の解説をしっかり読むことです。そこから数学の実践的な勉強が始まります。教科書の出だしの説明では、実際の問題にあたったとき「それではこの問題のときはどうするのか」という方針が分かりません。その時その問題の解説を読めば「なるほどそうすれば道が見えてくるのだ」という解法を見つけだせます。あとはその経験を積み重ねていくことです。そのプロセスが大事なのです。
 英語に関して言えば、常に辞書に「相談する」ことです。「何故ここにこの単語があるのか」「何故この単語の後ろにこの単語がくるのか」いつも疑問を持ち続けながら英文を見ることです。英語は単語の並び方が命です。そして、その答えはたいてい辞書の中にあります。英語の実力がついていかない人は、辞書の使い方を知らないことが原因と言ってもいいでしょう。辞書は単語帳ではありません。「辞書に相談する」という感覚が分かってくると、英語の実力が充実していきます。

 結局いずれにしても、自分の努力で、一つ一つ考えながら切り開いていかなければいけない、ということです。そのことを身に付けるためにも、学校の試験が近づいてきている今こそ、「中野塾」の自習室を利用して、塾にあるテキストやコピー機も利用して、周りの教師に相談しながら、「自分の勉強」を創りあげていってください。

中野塾・中野正久

▲このページのトップHOME

  • 電話:022-773-8204
  • 受付:15:00〜22:00

教室一覧

◆泉中央教室
仙台市泉区泉中央1-9-4 レジュイール泉202号

更新情報


塾長限定ページ